HOME>ホットトピックス>費用の分配内容は依頼先で異なる場合がほとんど

まずは相談料と着手金が必要

大阪で起こった交通事故について弁護士に依頼する場合、まずは相談する必要がありますが、その相談にも費用が発生します。大抵は30分当たり5000円が相場で、30分あるいは1時間ごとに加算されていきます。ただ、最初の1時間あるいは30分は無料に設定している弁護士も多いです。そして、実際に依頼することとなったら、着手金が必要ですが、交通事故の相場は大体20万円前後です。この着手金も弁護士によっては無料としているところもありますが、その分報酬金に加算されることがほとんどです。そのため、無料だということだけに着目しないように注意しましょう。

割合で支払う報酬金

交通事故の被害者となったら、事故を起こした相手から一定の金額を回収することが多いです。そして、大阪の弁護士に依頼して金額を回収した場合、その一部を報酬金として支払います。具体的な割合は弁護士との話し合いで決めますが、全体の1割から2割程度が相場です。

日当も発生する

大阪で依頼した弁護士は、裁判所や交通事故が起こった場所まで出向くこともあります。その場合は移動時間も含めて勤務時間となるため、日当を支払う必要があります。どれだけの時間がかかったかによって額が変わりますが、相場は大体5万円前後です。

手続きにかかる実費

大阪で弁護士に依頼するほどの状況では、内容証明郵便や訴状に貼る印紙などの費用も発生します。また、弁護士が交通事故現場に行くための交通費なども必要となります。そのような費用も、依頼者側が実費として支払います。この実費は弁護士費用の中でも幅があり、内容次第では数十万円かかることもあります。

広告募集中